会社概要

沿革

株式会社日神鋼シャ-リング 株式会社シ-ヤリング工場
明治42年(1909年) 大阪市北区西堀川町27番地において創業。
創業者は古川康男、木村長四郎、大倉喜八郎の3人。
明治44年(1911年) 東京支店及び東京工場設立。
大正2年(1913年) 株式会社設立。社名『㈱シーヤリング工場』
大正3年(1914年) 大阪市西区境川において、奥小路民蔵の自営により創業
大正13年(1924年) ㈱奥小路シャーリング工場を設立。
旧・日本製指定シャーとなる。
昭和4年(1929年) 本社を木津川に移す。
大阪市港区南恩加島町459/476番地
昭和5年(1930年) 東京支店独立 継承会社設立『鋼板剪断㈱』
その後富士製鉄系を経て現『富士鉄鋼センター』に営業譲渡(昭和44年)
昭和13年(1938年) 大阪市此花区伝法町に所在していた、明治10年創業の㈱中西鉄工所買収、奥小路工業㈱を設立、鉄骨・橋梁部門に進出。
昭和36年(1961年) 資本金を一億円に増資、此花区梅町に桜島工場を新設。
昭和38年(1963年) 桜島工場、新日指定加工工場となる。
昭和40年(1965年) 住友金属工業資本参加
昭和42年(1967年) 岸和田工場操業開始
昭和45年(1970年) 住金鋼板工業と合併。堺出島工場として操業開始。
岸和田工場を統合撤収。
昭和46年(1971年) 堺工場操業開始。
堺工場操業開始に伴い、堺出島工場を統合、撤収。
昭和59年(1984年) 大阪湾岸道路の敷地内通過により、此花区常吉に新本社、工場を建設し移転 全部門を堺に集約統合。本社を堺に移す。
昭和61年(1986年) 堺シャーリング㈱を吸収合併するとともに、㈱関西鋼センターに社名変更(資本金201百万円)
平成10年(1998年) 鉄構・橋梁加工事業開始。
平成14年(2002年) ISO9001・2000版取得(認定機関DNV)
平成15年(2003年) 神鋼シャーレックス㈱と合併し、㈱日神鋼シャーリングに社名変更(資本金231百万円)
平成20年(2008年) 加工部門、南港工場に移転。
平成21年(2009年) ISO9001・2008版更新 熱処理操業開始
平成23年(2011年) 加工部門より撤退、南港工場撤収
平成25年(2013年) ㈱日神鋼シャ-リングと㈱シ-ヤリング工場が合併し、日鉄住金神鋼シャ-リング㈱が発足

ページの先頭へ

お問い合わせ 資料請求・お問い合わせは、
こちらからお気軽にご連絡ください。 本社・大阪工場 06-6462-1481 堺シーヤリング工場 06-6462-1481 Webからのお問い合せはこちら お問い合せフォーム

電子公告

JICQA